緊急集会「イスラエルによるガザ侵攻を考える」

日時 2009年1月11日(日) 11:00-15:00(10時40分開場)
場所 如水会館1階 如水コンファレンスルーム
東京都千代田区一ツ橋 2-1-1
参加費無料、最大100名まで
Program
1. イスラエルによるガザ侵攻はなぜ起きたのか
報告:錦田 愛子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・非常勤研究員)
2. アラブ世界のメディアは事態をどう報じているか
報告:山本 薫(東京外国語大学・助教)
3. ガザ攻撃-繰り返されるイスラエルの武力行使
講演:川上 泰徳(朝日新聞・編集委員)
4. イスラエルのガザ侵攻を読む-「戦争ゲーム」としてのガザ虐殺
講演:臼杵 陽(日本女子大学・教授)
5. ガザ(2008-09)、レバノン(2006)と国際環境
講演:黒木 英充(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)
6. 殺された人間はすべて“テロリスト”である-虐殺を合法化する「対テロ戦争」の論理
講演:飯塚 正人(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・教授)
7. イスラエルのガザ攻撃を巡る問題-日本の報道で語られないこと
講演:酒井 啓子(東京外国語大学・教授)
8. 全体討議

報告内容 】(音声記録を起こしたものです)

中東イスラーム研究教育プロジェクトは、如水会館にて緊急集会「イスラエルによるガザ侵攻を考える」を実施しました。急な呼びかけにもかかわらず、一般市民の皆様を中心に研究者、NGO関係者、メディア関係者等、270名余のご参加をいただき、熱気溢れる会となりました。ご参加、ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
 

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

過去のイベント

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

今後のイベント

過去のイベント

Upcoming Events

Past Events

アーカイブ

    Archives

      アーカイブ

        Archives

          過去のペルシア語文書学セミナー

          Archives

          過去のアラビア語法廷文書セミナー

          Archives

          アーカイブ

            Archives

              バックナンバー

                Back Issues

                  Copyright © Middle East Muslim Society  〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1  TEL: 042-330-5600
                  Copyright © Middle East Muslim Society    3-11-1 Asahi-cho, Fuchu-shi, Tokyo 183-8534    Tel: 042-330-5600